01

賃貸 トラブル 弁護士

  • 原状回復の義務はどこまで?

    原状回復とは、契約期間が満了または終了した場合に賃貸目的物など契約の目的物を契約締結時の状態に戻すことを言います。原状回復の範囲が問題となる場合としては賃貸借契約が代表的な例の一つとして挙げられます。どの程度まで原状回復をすべきかについては、明確な基準はありません。もっとも、国土交通省が提示している「原状回復をめ...

  • 賃貸でよくある契約トラブルとその対策

    賃貸借契約において契約トラブルが発生してしまうことは少なくありません。契約トラブルは入居時の段階、目的物引き渡し後の契約中の段階、契約満了後の退去時の段階などに発生することが多いです。 入居時の段階で多いトラブルとしては、入居申込書提出後の撤回を拒絶されるというトラブルがあります。入居申込書は契約前の段階で提出す...

  • 不動産トラブルを弁護士に相談するメリットは?

    個人にとって、経済的に重要な資産となっている不動産ですが、不動産に関するトラブルは多岐にわたります。その理由は重要な資産であるからこそ個人の不動産に関する関心は強く、不動産に関する契約関係が複雑で数が多いからであると考えられます。また、ほぼ全ての人が不動産に居住しています。そのため、不動産トラブルは誰しも巻き込ま...

  • 立ち退き料の相場をケース別に解説

    立退料は、賃貸人側の事情により賃借人に退去してもらう場合に必要な費用や国が行政計画に基づいて土地を取得するために支払われる費用をさします。そして立退料の相場は目的物及びその性質などの個別的な事情によって異なります。 飲食店やテナントが賃貸店舗の場合、居住用建物よりも立退料が高額になる場合が多いです。賃料が約10万...

  • 賃料滞納への対処法は?

    そのため、多少の賃料滞納のみでは賃貸借契約を解除することができないことが多いです。 賃料を滞納し、契約を解除するには段階を経ていく必要があります。まず、賃料滞納があった場合はすぐに賃借人及び連帯保証人に督促状を送り、賃料の支払いを催促する必要があります。督促状も段階に応じて使い分けることが有効的です。具体的には、...

  • いままでの残業代は弁護士に相談すると請求できる?

    残業代がいくら支払われていないのかは、弁護士に個別にご相談ください。 注意しておきたいのは、未払い賃金や残業代は消滅時効にかかるということです。この点、今までは2年で消滅時効にかかるとされていましたが、令和2年に改正民法が施行された影響で賃金の消滅時効は5年になりました(当分の間3年で運用されています)。そして同...

  • 不当解雇を弁護士に相談するメリットは?

    弁護士にご相談いただければ、使用者側に対して、第三者の立場から対等に交渉を進めることができます。また、会社と対抗できる法的な専門知識も十分にございます。さらに、法的措置を進めるという毅然とした態度を示すことで、会社がしっかりと交渉に応じてくれる可能性が上がります。里村総合法律事務所は、大阪府を中...

  • アルバイトでも不当解雇の慰謝料はもらえる?

    里村総合法律事務所は、大阪府を中心とした関西にお住まいの皆さまからの法律相談を承っております。業務分野としては、企業法務、不動産、離婚、借金、相続、労働問題など幅広いジャンルに対応しております。身のまわりのことでお悩みのことがございましたら、どうぞ気兼ねなく当事務所までご相談ください。

  • 不当解雇での慰謝料・損害賠償の相場は?

    里村総合法律事務所は、大阪府を中心とした関西にお住まいの皆さまからの法律相談を承っております。業務分野としては、企業法務、不動産、離婚、借金、相続、労働問題など幅広いジャンルに対応しております。身のまわりのことでお悩みのことがございましたら、どうぞ気兼ねなく当事務所までご相談ください。

  • 任意売却の手続き・流れを解説

    債権者に任意売却に同意してもらえるように交渉する場合には直接債務者が説得することも良いですが、任意売却の専門家や弁護士に依頼して交渉してもらうことも一つの手段です。 そして、これと同時に不動産の価格を査定する必要があります。不動産の査定は不動産会社や不動産鑑定士に行ってもらうことが多いです。債権者の同意を得ること...

  • 瑕疵担保責任とは?

    どこまでの損害の範囲が賠償されるのかについては事例によって異なりますので、弁護士などの専門家にご相談されることをお勧めします。 解除権の行使は、契約の不適合の程度によって催告を要する解除権の行使をするのか催告を不要とする解除権の行使をするのかが定まります。例えば、給付者の債務の全部が履行不能となっている場合や給付...

  • 法人破産の流れと費用

    まず、破産をする場合、弁護士に破産手続きについての相談をします。弁護士との間で破産に至るまでの経緯や会社の債務・資産の状況、従業員の解雇等について話し合いを行い、今後の方針を定めます。方針が固まったら、債権者に対し破産する予定であることを受任通知という通知によっておこないます。受任通知は弁護士が会社から破産申立の...

  • 取引先が倒産した場合、売掛金の回収はどうなる?

    ですので、債権回収専門の弁護士にどのような救済方法が取れるかについてアドバイスを受けることをお勧めします。 そして、上記のように売掛金が回収不能とならないように、相手方が倒産しそうな場合には予防策を取ることが大切です。具体的な予防策としては、相手方と取引を行う際に相手方の経済力や信用力等に基づいて回収可能な取引価...

  • 売掛金が回収できない場合の対処方法

    また、債権回収専門の弁護士にご相談されることも一つの手段です。 相手方が売掛金を支払わない場合には、最初の手段として相手方に対し、内容証明郵便を送ることが得策です。内容証明郵便を送ることで、上述した売掛金の消滅時効の進行を一時的に止めることができます(民法147条1項2号)。 そして、売掛金の支払いについて当事者...

  • 知的財産権とは?主な知的財産権5種類を解説

    里村総合法律事務所は、大阪を拠点とし、各種知的財産権についての契約書の作成や審査をはじめとして、企業法務に関するご相談を広く承っております。企業法務についてお悩みの方は、里村総合法律事務所までどうぞお気軽にご相談ください。

  • 著作権譲渡とは?契約書の雛形・テンプレートも紹介

     代表取締役 ○○○○〇〇〇〇株式会社里村総合法律事務所は、大阪を拠点とし、著作権譲渡契約書の作成や審査をはじめとして、企業法務に関するご相談を広く承っております。企業法務についてお悩みの方は、里村総合法律事務所までどうぞお気軽にご相談ください。

  • 契約書内容を変更する覚書のサンプルフォーマット

     代表取締役 ○○○○〇〇〇〇株式会社乙:○○県○○市○○区○丁〇〇番○○号里村総合法律事務所は、大阪を拠点とし、覚書作成や審査をはじめとして、企業法務に関するご相談を広く承っております。企業法務についてお悩みの方は、里村総合法律事務所までどうぞお気軽にご相談ください。

  • プライバシーポリシーの雛形・テンプレート

     受付時間:平日午前〇時から午後〇時まで里村総合法律事務所は、大阪を拠点とし、プライバシーポリシーの作成をはじめとして、企業法務に関するご相談を広く承っております。企業法務についてお悩みの方は、里村総合法律事務所までどうぞお気軽にご相談ください。

  • NDA(秘密保持契約書)の雛形・テンプレート

    受領者は、本目的を遂行するため、事前に開示者の書面による承諾を得ることなく、必要最小限の役職員および従業員(嘱託等の非正規従業員を含む)ならびに法律上守秘義務が課せられている弁護士、公認会計士等の外部専門家(以下、「役職員等」という。)のみに秘密情報を開示し、利用させることができるものとする。ただし、受領者は役職...

02

当事務所が提供する基礎知識

Basic Knowledge

03

よく検索されるキーワード

Search Keyword

04

弁護士紹介

Lawyer

弁護士里村 格(さとむら いたる)

大阪の東天満の里村総合法律事務所に所属する弁護士です。

誠実・丁寧・公正を心掛けて,ご依頼者様にとって有益で納得できる解決を目指します。

  • 所属団体
    大阪弁護士会
  • 経歴

    2010年 京都大学法学部 卒業

    2012年 京都大学法科大学院 卒業

    2014年 弁護士登録(大阪弁護士会)

05

事務所概要

Office Overview

事務所名 里村総合法律事務所
代表弁護士 里村 格(さとむら いたる)
所在地 大阪市北区東天満1丁目11番15号 若杉グランドビル別館8階
TEL/FAX TEL:06-6314-6617 / FAX:06-6314-6627
営業時間 平日 9:00~19:00 (事前予約で休日、時間外対応可能です)
定休日 土・日・祝日 (事前予約で休日、時間外対応可能です)